きまぐれ引きこもりんご80%

Mac mini2020のメモリ換装

独り言

Mac mini2020のメモリ換装

Mac mini2020

Mac mini2020のメモリを
8GBから32GBに増設しました。

メモリはAmazonにて32GBを16,500円くらいで購入。
2020年現在、64GBメモリは37,000円くらいするので、
数年後お手頃価格になって換装する時のために備忘録もかねて書きます。

工具はトルクスドライバー(TR6、T5、T10)が必要になります。
T6トルクスドライバーは、いじり止め対応(真ん中に穴が開いてる)のものもをご用意下さい。
主にT6を使用、マザーボードがT10、メモリカバーにT5といった感じです。

Mac mini2020 tools

作業自体は慣れていたら10分ほどです。
私は歴代macのメモリ、ストレージ換装に慣れていたので簡単にできましたが、
PC分解に慣れていない方には、あまりお勧めできません。
換装する場合は、もちろん自己責任で行って下さい。

換装時注意点としては、静電気、ネジをなめないこと、コネクタの抜き差し。
特にネジをなめたら最悪です。
過去にimacのストレージ換装でネジをなめたことがありました。
1個ネジをなめただけで部品が外せず作業が先に進めないので、
バラバラになったmacの前で途方に暮れることになります。
もうドリルで穴開けて部品を取り外そうかとも思ったくらいです・・・
なのでネジを外すときは細心の注意を払って下さい。
もちろんコネクタも引きちぎるとエライことになるので注意ですが・・・

それでは、まず、Mac mini本体を裏返します。

Mac mini2020

裏面の蓋の隙間にクレジットカードなど、
薄くて丈夫なものを差し込んでこじ開けます。
私はマイ工具にヘラを持ち合わせていたので簡単に開くことが出来ました。

Mac mini2020

黒い裏蓋を外すと、銀色のwifiアンテナがあるので、
6箇所のネジをTR6のトルクスドライバーで外します。
(組立時に黒い裏蓋がはまらない・・・
と裏蓋をよく見ると、大きめのネジ3箇所に裏蓋の穴を合わせるだけの仕様でした。)

ネジを外したら、銀色のアンテナカバーは絶対にひっぱらないで下さい。
アンテナカバーからの接続されているケーブルを引きちぎることになります。
そっとカバーをずらすと黒いwifiアンテナの横あたりに、
コネクタがネジで固定されているので、これもT6トルクスドライバーで外します。

macmini2020
macmini2020

無事、銀色のカバーが外せたらファンを取り外します。
こちらもT6トルクスドライバーでネジ4箇所です。
ネジを外したら、ファンにもケーブルがあるので、
引きちぎらないようにそっと外しましょう。
(取り付けの際、ケーブルはファンを裏返した状態からだとやりやすいです。←わかりにくいですね・・・)

macmini2020

ファンを取り外したら、
ケーブル2箇所、マザーボードのネジ(T10)2箇所を外します。

macmini2020

矢印の箇所を親指でググっと押すと、マザーボードが外れます。

macmini2020

メモリカバーのネジ(T5)4箇所を外し
カバーを上にスライドするようにして外します。

macmini2020

メモリ横の留め具を横に広げると、メモリが起き上がるので引き抜けます。
逆に取り付けの時は、メモリを挿し込んで寝かせるとカチッとハマります。

メモリ換装後は逆の手順で組み立てます。
あとは、電源ボタンを押して無事立ち上がるようお祈りをします。

memory